タクシー運転手として働くには二種免許が必要!期間や難易度を解説

公開日: 2023/11/10 最終更新日: 2023/11/30
タクシー運転手として働くには二種免許が必要!期間や難易度を解説

今回は、タクシー運転手として働くには二種免許が必要である点、そして期間や難易度を解説します。まず、二種免許を取得するために視力・聴力・深視力などの条件を満たしていることと、一種免許を取得してから1年以上が経過していることがあげられます。本記事では、タクシー運転手になるための期間や難易度を解説します。

タクシー運転手に必要な二種免許とは?

タクシー運転手になるためには、二種免許の取得が必要となります。二種免許には、学科・技能・取得時講習があり、すべてクリアしなければ二種免許の取得はできません。タクシー運転手に必要な二種免許に関して解説します。

学科試験

学科試験では、一種免許の試験よりも応用問題が多くなっています。問題数は95問あり、100点中90点以上ないと、合格になりません。ただ、事前にしっかり復習しておけば、難しい問題ではないでしょう。

また、それ以外は一種免許で学んだ範囲より出題されるため安心です。テキストなどを読み、過去の問題を解くことで合格へとつながるでしょう。

技能試験

二種免許の技能試験は、一種免許よりも合格点が高めに設定されています。試験方法は、教習所内と実際の路上でおこなわれることが一般的です。教習所ではV字・S字型の鋭角コース・旋回・縦列駐車などがおこなわれます。運転になれている方は、自分の運転に対する癖を矯正してみましょう。

取得時講習

学科試験と技能試験に合格すると、応急救護処置講習と旅客者講習の二つを受ける義務があります。応急救護処置講習では、応急救護処置の基礎知識を学びます。また、応急救護の際の心肺蘇生法・止血法などの実技を学びます。

旅客者講習では、危険を予測した運転や高速道路での運転など、複数のケースを想定した講習を受講しなければなりません。

二種免許取得の期間と難易度

タクシー運転手として、二種免許を取得する方法は二種類あります。ひとつは自分から教習所に通い、免許を取得する方法です。もうひとつは、タクシー会社に就職してから二種免許取得制度を利用して、免許を取得する方法です。二種免許取得の期間と難易度に関して説明したいと思います。

二種免許取得にかかる期間

二種免許の取得では、二段階に分けられて取得までのプロセスが設けられています。最初の段階では、見極めがおこなわれ通過したら技能試験へとコマを進めていきます。そして、本免許学科試験へとつながるでしょう。

最短でも学科試験で19時間、技能試験では最短で21時間前後かかるといわれています。通う場合は、スケジュールにより異なりますが、合宿だと10日間で取得する方も中にはいます。

二種免許取得にかかる費用

自分から教習所へ通っても、二種免許取得制度を利用して免許を取得する場合も掛かる費用に違いはありません。自分で二種免許を取得する場合は、20~30万円の費用が必要となるでしょう。

また、二種免許取得制度を利用する場合は、自分が負担する費用が掛からないため安心です。タクシー会社での就職が決まっている方は、二種免許取得制度を利用して免許の取得することをおすすめします。

二種免許取得に必要な条件

二種免許を取得する場合、必要な条件を満たしていなければなりません。例えば、受験するときの年齢が満21歳以上であること、第一種免許を取得してから3年以上経過していることが必要な条件です。二種免許取得に必要な条件に関して、詳しく説明したいと思います。

満21歳以上でなければならない

二種免許取得に必要な条件として、満21歳以上でなければなりません。また、一種免許を取得してからの運転履歴が3年以上経過していなければならないことを覚えておきましょう。

タクシー運転手として活躍できるようになるまでには、顧客が目的地まで安心・安全に送迎できるよう、かつ料金を頂ける運転技量が最終的には必要となります。

視力、聴力、深視力などが条件を満たしていること

二種免許取得には、一種免許と同様に視力・聴力・深視力の条件を満たしていなければなりません。もちろん、メガネやコンタクトレンズを着用していても問題ありません。ただ、前提として車の運転になれていることが、絶対条件となるため3年の期間が設けられています。

一種免許を取得してから1年が経過していること

一種免許と二種免許の違いとしては、顧客を安全に乗せて運転できるかどうかです。顧客を乗せて走るという特性上、どうしても一種免許取得より条件が厳しくなるでしょう。このため、一種免許を取得してから1年以上経過していることが基準となります。

また、二種免許は、タクシー運転手だけではなく、運転代行や路線バス・貸し切りバスでも必要な免許となります。

まとめ

本記事では、タクシー運転手として働くには二種免許が必要であること、そして期間や難易度を解説しました。現在、女性でもタクシードライバーとして活躍されている方は増えており、需要のある職業ともいえます。

免許がなくても、二種免許取得制度を利用して免許の取得ができるタクシー会社も増えています。こうした制度をうまく活用して、二種免許の取得すればタクシー運転手として働けるでしょう。本記事が、タクシードライバーとして働くべきか検討されている方の参考になれば幸いです。

業界初心者注目のタクシー会社

東京ワールド交通

東京ワールド交通

東京ワールド交通は、業界最高水準の歩合率64%を誇る大手タクシー会社です。業界未経験の方でも安心の福利厚生・研修制度が整っています。稼げるタクシードライバーとして華々しくデビューしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

【江東区】タクシードライバーへの転職におすすめのタクシー求人7選比較表

イメージ
会社名東京ワールド交通八洲自動車大和自動車交通江東日の丸交通 猿江営業所三陽自動車交通日本交通 新木場営業所第一交通産業 新木場営業所
特徴歩合還元率業界最高クラス!東京ではトップクラスに稼げる環境!未経験でも安心の体制が整っている!給与保証1年間!業界唯一の東証上場企業の安定感が強み!最新の営業ツール・充実の福利厚生!設備が充実していて働きやすい!研修制度も充実!会社から徒歩2分の寮を完備!女性乗務員も活躍中!創業90年以上で業界でもトップクラスに豊富な実績を持つ!研修が手厚いので安心!海外・国内配車アプリと連携している!女性ドライバー応援企業!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手ドライバーを育てるタクシー会社の改革