タクシー運転手には定年がない?何歳まで働けるのかを解説

公開日: 2023/11/10 最終更新日: 2024/02/28
タクシー運転手には定年がない?何歳まで働けるのかを解説

本記事では、タクシー運転手には定年がないのか、そして何歳まで働けるのかを解説したいと思います。法律的には、タクシー運転手に定年は設けられていません。安全運転や正しい接客をおこなえられれば、何歳でも働ける業種でもあります。本記事では、タクシー運転手が何歳まで働けるか紹介します。

タクシー運転手の定年は法的には定められていない

近年、高齢ドライバーは増えており、高齢であっても現役で働かれている方も多くいます。タクシー運転手の定年は、法的に定められていませんが、健康状態に問題がなく安全運転ができなければタクシー運転手として働けません。

タクシー運転手として働くには、どこまでを基準として定年とされているのか解説します。

タクシー運転手の平均年齢は58歳

タクシー運転手の平均年齢は、58歳を超えているといわれています。それだけ、高齢になっても元気な方が増えているといえるでしょう。他の業種では、平均年齢が42歳といわれており、これを16歳以上も上回っている結果になっています。

タクシー運転手は、たとえ70歳や80歳になっても、安全運転でしっかりとした接客ができれば働くことが可能な職業と言えます。

タクシー会社によって定年は異なる

タクシー会社では、定年制を設けているところが多く、一般的には65~75歳までを定年としている会社が多いでしょう。定年を下回る年齢であれば、正社員として働きそれ以上であれば非正規という基準を設けている会社が一般的です。

視力が悪ければ二種免許が受けられない

タクシー運転手は、たとえ若い世代でも視力が悪ければ二種免許が受けられません。二種免許の視力検査では、片目0.5以上・両目0.8以上の視力および、立体感の認識度を測定する深視力検査に合格する必要があります。

タクシー運転手は、大切な顧客の命を乗せて仕事をするため、視力検査で引っかかれば仕事ができません。

高齢でもタクシー運転手として働ける?

タクシー業界では、法的な定年は設けられていないため、体力や反射神経の状態によって委託や契約社員として働ける職業です。実際に、高齢ドライバーは増えており、元気に活躍されている方も多くいます。高齢でもタクシー運転手として働けるのか、詳しく解説します。

70代~80代でも活躍している方もいる

タクシー運転手は、年齢に関係なく長く働ける職業という特性があります。体力・視力・認知機能に異常がなければ、70代~80代の方も多く活躍できる職業です。ただ、ほとんどのタクシー会社では定年を設けているため、元気であっても働いている会社の規定に沿って働かなくてはいけないでしょう。

高齢ドライバーを雇うには

会社側としては、運転手に大切な顧客を乗せて仕事をさせるため、運転に必要な体力と集中力を兼ね備えていることが重視されます。とくに高齢ドライバーを雇う際には注意しなくてはいけない部分もあります。

たとえば、健康状態を常日頃注意深くチェックすることが大切になります。運転は一定の体力と集中力を必要とするため、健康状態をよく考慮することが重要です。また、高齢者が運転することに対する不安も存在するため、日々の適切な健康管理と研修が求められるでしょう。

タクシー運転手の引退時期

多くのタクシー会社では、歩合制を設けており高齢ドライバーでも頑張れば頑張った分だけ給料に反映される仕組みです。このため、定年後にタクシー運転手を始める方もおり、長く働ける仕事として魅力があります。ただ、タクシー運転手の引退時期は経済的な理由や、体力、健康状態などさまざまな事情を考慮して決められるとよいでしょう。

定年制度について知っておきたいこと

タクシー運転手には、法的な定年制度はありません。しかし、健康状態がよくない場合は、引き際を決めることも大切です。定年制度について知っておきたいことについて解説します。

一般的には定年後も働ける

一般的に、タクシー会社では60~65歳までを定年としている会社が多いですが、会社が了承すればさらに1年更新で契約社員として働ける会社が存在します。現在、タクシー会社も人材不足であるため、高齢ドライバーは大切な働き手になっています。

タクシー運転手の定年制度はさまざま

60歳前で、他の会社を定年しタクシー運転手として転職を考えている方もいるでしょう。ただ、転職を考えているのであれば、転職後の雇用体系や定年制度について詳しく知っておく必要があります。定年制度は、タクシー会社によって考え方がさまざまであり、一定の基準がないためです。

定年制度不在であるため退職金がない場合も

多くのタクシー会社では、歩合制を導入しており、定年時の退職金をも設けていない会社が一般的です。中には、勤続年数に応じて退職金を支給している会社もありますが、こうした会社は珍しいでしょう。

これは、タクシー業界に法的な定年制度が設けられておらず、勤務時間が他の業種に比べて短いことが退職金を設けていない理由になります。

まとめ

本記事では、タクシー運転手には定年がないのか、そして何歳まで働けるのかを解説しました。高齢のタクシー運転手は増えており、貴重な人材になっています。ただ、会社側としては健康管理などを毎日、観察する必要があるでしょう。

大切な顧客の命を乗せて働く観点からも、とくに厳しくチェックする必要があります。本記事が、タクシー運転手として働いている方、そして会社側として何歳までのドライバーを雇うべきか検討されている方の参考になれば幸いです。

業界初心者注目のタクシー会社

東京ワールド交通

東京ワールド交通

東京ワールド交通は、業界最高水準の歩合率64%を誇る大手タクシー会社です。業界未経験の方でも安心の福利厚生・研修制度が整っています。稼げるタクシードライバーとして華々しくデビューしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

【江東区】タクシードライバーへの転職におすすめのタクシー求人7選比較表

イメージ
会社名東京ワールド交通八洲自動車大和自動車交通江東日の丸交通 猿江営業所三陽自動車交通日本交通 新木場営業所第一交通産業 新木場営業所
特徴歩合還元率業界最高クラス!東京ではトップクラスに稼げる環境!未経験でも安心の体制が整っている!給与保証1年間!業界唯一の東証上場企業の安定感が強み!最新の営業ツール・充実の福利厚生!設備が充実していて働きやすい!研修制度も充実!会社から徒歩2分の寮を完備!女性乗務員も活躍中!創業90年以上で業界でもトップクラスに豊富な実績を持つ!研修が手厚いので安心!海外・国内配車アプリと連携している!女性ドライバー応援企業!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手ドライバーを育てるタクシー会社の改革