タクシー運転手に必要な地理試験とは?合格率や受験方法を解説

公開日: 2023/11/09 最終更新日: 2024/03/27
タクシー運転手に必要な地理試験とは?合格率や受験方法を解説

東京や大阪、神奈川のなどの特定指定区域でタクシー運転手をするには、地理試験に受かる必要があります。タクシー運転手は学歴や職歴不問でも求人に応募でき若い方や年配の方でも応募しやすい職業ですが、都会で稼ぐためには試験に合格しなければなりません。合格率や受験方法について解説していきましょう。

※以前はタクシー乗務員の取得要項として、東京都・大阪府・神奈川県で「2種免許取得、および地理試験への合格が必要である」となっていましたが、2024年2月29日付けで地理試験の廃止が決まりました。
(参考元:https://www.tokyo-tc.or.jp/driver/geography.html)

タクシー運転手に必要な地理試験とは?

東京や神奈川、大阪などの都市部はタクシーの高い利用率が見込めるので、効率よく稼ぎたい方にとって営業したいスポットでしょう。しかし、地理試験に受かる必要があります。

そもそも地理試験とは?

地理試験は東京、大阪、神奈川の特定の都市部が指定区域となっており、その地理の知識を確認するテストになっています。受からなければ各指定地域で営業できないようになっています。東京、神奈川、大阪にあるタクシーセンターで試験は行われ、車の免許のように何度も受けられます。

ペーパーテスト方式となっており実技はありません。試験は年に1回しか受けられないような厳しいものではなく、タクシーセンターでほぼ毎週開催しているので、もし落ちてしまってもすぐに受け直すことができます。

試験の内容は?

試験内容はその地域の地理の理解があるかをチェックするような内容です。たとえば道路の名前、地名、その地域の公園、名所の名前などを答える問題が出題されます。地域のコアな名前や地名が出題されるため、もとから都心に住んでいる人も対策をしないと受からないような内容です。

そのため地方から来た人が特別不利というわけではありません。しっかり対策すれば合格できるでしょう。内容は暗記がメインなので、学歴がなくて不安という方でも繰り返し受ければ合格できるでしょう。

地理試験の合格率や受験方法について

学歴がないのでテストは苦手で、できれば避けたいという方もいるでしょう。しかし都市部で営業できれば、大きく稼げるチャンスがあります。しっかり対策して合格を目指しましょう。

合格率はどれくらい?

お客さんの多い地域でしっかり稼ぎたいと考える方にとって、試験の難易度が気になるところでしょう。地理試験の合格率は5割程度となっており、1回目で受かる方は多くありません。そのため1回目で落ちてしまっても落ち込まなくもよいでしょう。

内容はタクシー事業に係る法令、安全及び接遇と当該指定地域に係る地理の2科目が行われ、両方8割正解していれば合格です。もし片方の科目が合格の場合、次の試験の際に合格している科目は試験免除されます。

受験方法は?

試験は東京、神奈川、大阪の各タクシーセンターで受験します。ほぼ毎週受けられるため、試験に落ちてしまったら対策をしてまたすぐに受験できます。回数の制限もありません。暗記が中心なのでだんだん正解率も上がっていくため、あきらめないで試験対策を行いましょう。

タクシー会社では試験費用を負担してくれる場合があるので、タクシー会社に入社してから受験する場合は、会社が費用を負担してくれるかどうか確認しておきましょう。

地理試験に必要な知識やスキル

地理試験に合格するには、どういった知識やスキルが必要なのでしょうか。合格率が高くない試験とはいってもなるべくスムーズに受かるよう準備しましょう。

どのような知識が必要か

試験に合格するにはまず地理の知識が必要です。その地域の地名、建造物の名前、駅や公園の場所などをおぼえましょう。また法令や安全、接客などの知識や対処法もおぼえておく必要があります。暗記が苦手な方は地図を見たり、実際に自家用車を走らせてみたりして、地名や交差点名などをおぼえてもよいでしょう。

合格に必要なスキル

試験に合格するにはまず試験に慣れるスキルが必要です。暗記がメインなので試験に慣れていけば、正解率もアップしていくでしょう。また試験対策は過去問題がタクシーセンターで販売されているので、それを購入し勉強するとよいでしょう。

過去問題を解き、何度か試験を受ければだんだんと慣れていきます。試験に合格するためだけに勉強するのは、やる気が出ないという方もいるかもしれませんが、地理試験で得た知識は実際にタクシーを運転する際に役立つ可能性があります。そのため自分の売り上げを上げるために勉強するといったように考え、モチベーションを保つとよいでしょう。

会社で試験対策を行っているところも

タクシー会社によっては試験対策指導を行っている会社もあります。自分ひとりで勉強をするのがいやだ、不安だという方はタクシー会社を選ぶ際に指導を行っているかもチェックしておくと安心です。また会社で指導は行っていなくても、試験に合格した先輩運転手に合格のコツを聞いたり、勉強につき合ってもらったりなどして合格を目指してもよいでしょう。

まとめ

東京や神奈川、大阪の都市部で営業するタクシー運転手は地理試験に受かる必要があります。内容や合格率を知ると勉強が苦手な方は、都市部で営業することをためらってしまうかもしれません。合格率は5割程度と低くなっていますが、何度も受けられるため試験傾向などがわかってくれば合格できる内容です。

会社で試験の費用負担や試験対策指導なども行っているところがあるので、転職する際は会社のサポートがあるかどうかチェックしてみましょう。

業界初心者注目のタクシー会社

東京ワールド交通

東京ワールド交通

東京ワールド交通は、業界最高水準の歩合率64%を誇る大手タクシー会社です。業界未経験の方でも安心の福利厚生・研修制度が整っています。稼げるタクシードライバーとして華々しくデビューしたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

【江東区】タクシードライバーへの転職におすすめのタクシー求人7選比較表

イメージ
会社名東京ワールド交通八洲自動車大和自動車交通江東日の丸交通 猿江営業所三陽自動車交通日本交通 新木場営業所第一交通産業 新木場営業所
特徴歩合還元率業界最高クラス!東京ではトップクラスに稼げる環境!未経験でも安心の体制が整っている!給与保証1年間!業界唯一の東証上場企業の安定感が強み!最新の営業ツール・充実の福利厚生!設備が充実していて働きやすい!研修制度も充実!会社から徒歩2分の寮を完備!女性乗務員も活躍中!創業90年以上で業界でもトップクラスに豊富な実績を持つ!研修が手厚いので安心!海外・国内配車アプリと連携している!女性ドライバー応援企業!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手ドライバーを育てるタクシー会社の改革